プレママライフを楽しもう!

ママライフのすすめ

内祝いのマナー

出産祝いを頂いたら、きちんとお返ししましょう。お返しにもマナーがあります。初めての育児で大変な時期かも知れませんが、きちんとマナーを身につけて感謝の気持ちを表しましょう。

まずはマタニティアイテムを揃えましょう

内祝いとは

「内祝い」は本来、親戚やご近所の方々などの親しい人の間でするお祝いという意味でした。出産内祝いの場合は、赤ちゃんの誕生を一緒に祝ってくださいという気持ちを込めて、お赤飯や紅白餅を配っていました。しかし最近ではお祝いを下さった方へのお返しという意味が強くなっています。「お祝いしてくれてありがとう」という感謝の気持ちを込めて、相手が喜ぶものを贈りましょう。

内祝いを贈る時期

昔ながらの内祝いを贈る時期はお宮参りの頃(生後1ヶ月くらい)となっています。ですが最近は出産祝いのお返しとして内祝いを贈るケースが多いので、出産してから1ヶ月以内に出産祝いを頂いた方にはまとめてお宮参りの時期に内祝いを贈るのがいいでしょう。出産から1ヶ月以上たってから出産祝いを頂いた場合には、その都度内祝いを贈る形で大丈夫です。遅れてお祝いを頂いた場合にもきちんとお返しの内祝いを贈りましょう。

内祝いの熨斗

熨斗は紅白の蝶結びで水引の上に「内祝」と書きます。水引の下には赤ちゃんのお披露目の意味を込めて、赤ちゃんの名前を書きましょう。名前の読みが難しい場合はかなを振るといいでしょう。熨斗のほかにも、命名札をつけたり、メッセージカードをつけたりする場合もあるようです。

内祝いの相場

内祝いは頂いた出産祝いの金額の3分の1~2分の1くらいが相場とされています。つまり1万円のお祝いを貰ったら3000円~5000円の内祝いを贈るということですね。ですが地域の風習や、立場、年齢などによっても違ってきますので、友人間で金額を合わせたりするなどの工夫をすればいいと思います。

贈るもの

友人へ贈る場合

仲のいいお友達にはセンスのある気の利いた内祝いを贈りたいですね。食べ物を選ぶ場合は、日持ちするものがいいでしょう。有名店のお菓子の詰め合わせや、ジャムや調味料などのギフトセットが喜ばれます。また、ちょっと高級なハンドクリームと石鹸のセット、天然素材のタオルなどもいいですね。ママ友ならあると便利なひざ掛けなども喜ばれると思いますよ。お友達への内祝いは家族構成を考えて選ぶのも大切なポイントですね。小さいお子さんがいるお家ならキャラクターグッズなどでもいいかもしれません。

職場関係の人へ贈る場合

職場関係の人への内祝いも気を抜かずに心を込めて選びましょう。金額の張らないミニタオルなどのプチギフトだと、相手も気を使わずに済むのでいいですね。また、部署やグループでまとめてお祝いをくれた場合には、みんなで分けやすい個包装になっているお菓子などがいいでしょう。お菓子はなるべく日持ちするクッキーなどを選びましょう。

兄弟・姉妹へ贈る場合

他の人と同じようにお菓子やタオルでもいいのですが、気心知れた仲の兄弟・姉妹には日頃の感謝を込めて少しいいものを贈りましょう。今後赤ちゃんのことで迷惑をかける可能性もあるわけですから、よろしくお願いしますという意味も込めて選ぶといいですね。ブランド物の食器や赤ちゃんの名前が入ったお菓子などが人気のようです。

親戚へ贈る場合

今後長く付き合っていかなければならない方々ですので、上質なものを選びましょう。贈る相手の趣味嗜好がわかっているならお酒やそれにあうおつまみ、老舗の味などがいいかも知れません。また、長く使えそうな和食器なども人気です。

両親へ贈る場合

赤ちゃんの誕生を一番喜んでくれているのはご両親ではないでしょうか。その気持ちに感謝して喜んでもらえるものを贈りましょう。ちょっといいお店のディナー招待券やこれから増えていく赤ちゃんの写真を入れるデジタルフォトフレームなどが人気です。お父さんにはいいお酒を、お母さんには素敵な和小物を贈るのもいいかもしれません。また、赤ちゃんの出生時の体重分だけお米をプレゼントするギフトも、誕生の喜びを実感できると好評です。

人気の内祝い

最近内祝いで人気なのは、赤ちゃんの名前や写真を入れたお菓子です。親戚や職場の方への内祝いとして多く選ばれているようです。お友達用の内祝いでは枠にとらわれず様々なものが選ばれています。おしゃれなキッチン雑貨やハンドクリームなどが人気のようです。洗剤や石鹸などの消耗品も貰うと嬉しいお祝いのひとつですよね。また、昔から変わらず選ばれているのが高品質なタオル類です。最近ではオーガニック素材のものを選ぶ人が多いようですね。タオルなら何枚あっても困りませんし、相手もあまり気を使わずに済むので内祝いにはぴったりだと思います。自分では買わない高級洋菓子も相変わらず人気です。味の心配をする必要がないので助かりますし、沢山の人に一度にお返しできるのでいいですね。変り種だと、貰った人が自分で品物を選べるカタログギフトがあります。結婚式の引き出物のイメージが強いですが、最近では出産内祝いに贈る方も多いようです。お食事券やクルーズの招待券などは特別な人に贈る内祝いとしていいと思います。何を選ぶにしても祝ってくれてありがとうという心を込めることが大切です。

かわいいかわいい子供服

内祝いの節約方法

赤ちゃんが生まれたばかりの頃はなにかと物入りですし、これから成長するにつれてお金も沢山必要になってきます。できれば内祝いも節約したいですが、お祝いですしマナーもあります。そこで、内祝いの質を落とさずに節約する方法をご紹介します。

まとめ買い

お祝いを貰う数を予想しておいて、ある程度まとめ買いをするとお徳です。まとめ買い割引を行なっているところを探して利用しましょう。

自分で包装

手間がかかりますが、自分で包装するといくらか安く済みます。特に職場関係の人に贈るプチギフトなどは、大容量のお菓子を買ってきて、自分で小分けにして渡すと安いです。メッセージカードなどを添えれば心がこもっている感じも出ていいですよ。

送料無料

遠方の親戚などに内祝いを送る場合は送料無料のところを探して利用しましょう。百貨店などで品物を決め、インターネットから注文すると送料無料のところが多いので、いいと思います。

お歳暮・お中元の後を狙う

お歳暮やお中元のピークが過ぎたあたりに百貨店などに行ってみて下さい。贈答品が半額ぐらいで買えます。タオルなど品質がいいものも多いので、時期が合うなら上手く活用するといいでしょう。